menu

「最低1記事2,000文字以上」という勘違い

前回の記事でも話しましたが、今のアフィリエイトでは自サイトの記事の質と量でGoogleからの評価を得て検索順位を上げる「コンテンツSEO」が主流になっていますので、1記事あたり2,000文字以上が当たり前になっています。

Googleの評価というのは「ライバルサイトとの相対性」で決まってきますので、文字数に関しても、例えば参入ジャンルに全くライバルがいなくて、質の低いペラサイトばかりであれば1記事1,000文字以下でも上位表示出来てしまう可能性はありますが、こういった事は非常にレアケースです。

ですので、1記事2,000文字以上というのは1つの指標として意識すべきですが、勘違いしてはいけないのが、「2,000文字」というのはあくまでアフィリエイターの目安であって、ユーザーには関係ないという事です。

SEO的には文字数は多い方が有利ですし、少なすぎると評価が下がる可能性がありますが、記事の内容はユーザーありきで作成すべきです。

今回は、記事作成において文字数を増やすコツを紹介した上で、私たちアフィリエイターがターゲットにすべきユーザーについても解説したいと思います。

 

キャラクターに語らせる

当然ですが、100%オリジナルの記事を書けるアフィリエイターはほとんどいません。

多くのアフィリエイターが書籍やライバルサイトなどから記事のネタ元を探してきて、自分の言葉に置きかえて記事を再構築していく訳ですが、その際に便利なのが、前回の記事でも紹介したキャラクター設定です。

キャラクターと言っても、特別な設定を行う必要はなく、商品を売るために都合の良い人になりきってしまえば良いのです。

あなた自身ではなく設定したキャラクターに語らせる感じで記事を作成していくと、自然に文字数は増えます。

 

1番簡単な設定は、ターゲットユーザーの悩みや疑問を既に解決しているようなキャラクターです。

・アナタが悩んでいる事はココですよね。
・アナタが知りたかったのってコレじゃないですか?
・そういった悩みがあるのであれば、絶対にコレがお勧めですよ!

「私も経験したことがあるから、あなたの気持ちや悩み、疑問は分かりますよ!」こんな感じのスタンスです。

こういったキャラクターを意識して、ユーザーの悩みや疑問を解決するような記事を作成していけば2,000文字は結構簡単に超えられます。

 

同じことを繰り返し書く

前回の記事で「大事な事は何度も繰り返し伝える」という話をしましたが、これは文字数の水増しにも有効です。

例えば別のページで既に言っている内容などをそのページで別の言葉で書きます。キャラクターを意識していれば、日本語の微妙な言い回しにより、全く同じ文章になる事はまずありません。

別ページに既に書いてある内容は内部リンクで飛ばす場合が多いと思いますが、あえてもう1度説明する、もしくはリンクで飛ばすにしても簡単な紹介説明を加えます。

「これは(別のページで)説明したから…」と思ってしまい、繰り返し説明するのを躊躇する方もいるかもしれませんが、あなた的には何度も書いている内容でも、その時初めて訪問したユーザーにとっては説明が必要な場合が結構多いです。

訪問者はあなたのサイトの全ページを細かくチェックするほど暇ではありません。そのページ内で完結させることで、訪問者がわざわざ別ページに移動しなくても良いため、「あえてもう一度説明する」というのは訪問者的にとっても親切な記事内容になります。

 

文字数は指標であってユーザーには関係ない

私も昔は500文字ぐらいの記事を量産していた時期もありましたが、今では500文字程度ではとてもじゃないですが伝えたい事が収まりません。

記事のテーマにもよりますが5,000文字の時もありますし、10,000文字を超えるような時もあります。

「10,000文字位書いたら、勿体無いので5記事に分けよう」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、1つのテーマ、1つのキーワードに対しての1記事で作成していますので、私だったら分けません。

文章が長すぎると、ユーザーが読みにくい内容もあるので、そういった時は意図的に分ける事もたまにありますが、基本的にはその質問(キーワードやタイトル)に対する答えが10,000文字という考え方です。

・最低1記事2,000文字
・最低1ドメイン100記事

上記のような指標を私もよく提示していますが、これはあくまで作業の目安として具体的な数字があった方が分かりやすいからです。

ユーザーからしてみたら、このような指標は全く関係ありません。

大事なのはユーザーが納得する答えを書いているかどうかという所です。ここさえ押さえておけば、500文字、2,000文字、10,000文字、どれでも良いという事です。

ただ、繰り返しになりますが、Googleの評価というのは「ライバルサイトとの相対性」で決まってきますので、アフィリエイトサイト(特に上位表示されたサイト)全体で考えると、1記事あたり2,000文字ぐらいが今の平均になりますので、ユーザビリティ以前の問題として、500文字の記事ばかり書いていても、評価されない可能性は高いです。

 

私たちがターゲットにするユーザー

現在、スマホからのアクセスが非常に多くなっていますが、「文字数が多いとスマホでは読まれないのでは?」と思う方もいるかもしれません。

個人的にデバイスはあまり関係ないと思っています。

たいして悩んでいない一言さんの場合、PCやタブレットから訪問してきても、記事を熱心に読まないでしょうし、本当に悩んでいる人や商品購入を真剣に考えている人であれば、スマホで10,000記事とかでも普通に読むはずです。

私たちアフィリエイターは商品を売る事を目的としてサイトを作成している訳ですから、本気の人だけを相手にすればよいのです。

そのためにはWikipedia的な無機質な記事でなはなく、売るものありきでユーザーの悩みや疑問を解決するような記事を作成していくべきです。

「スマホで見てるのに文字だらけでこのページ読みづら!」と直帰してしまうユーザーはほかっておけばよいのです。

 

ライバルと差別化するための記事作成方法

継続実践しているのに稼げない人の傾向と対策

関連記事

  1. スマートフォンの普及でPCサイトアフィリが稼げなくなる?!

    最近、やたらと目に付く「スマートフォンアフィリエイト」ですが気になっている方も多いかと思います。以前…

  2. 独自ASPの優良案件を見極める方法 その2

    前回記事の続きで、今回も独自ASPの案件について私なりの選定方法をご紹介します。1つだけ注意…

  3. 情報商材業界に奴らが帰ってきた その2

    前回記事では健全化されつつあった情報商材業界が再び詐欺商材が横行した過去に戻りつつある原因を2つご紹…

  4. Googleにフィットした記事作成のポイント

    去年の9月にペンギンアップデート4.0が発表されて以降、「ユーザーの役に立つ記事コンテンツ」を作成す…

  5. アフィリエイトはライバルが少ないという根拠

    私の現在の収入源はFX投資、情報販売そして、アフィリエイトです。この中でもアフィリエイトは約3年半の…

  6. ペンギンアップデートで報酬激減!?

    先月の終わりごろに Googleによる「ペンギンアップデート」と言われる検索エンジンのアルゴリズムの…

  7. 無料ブログと上手く付き合っていく方法

    先月、皆さんもご存知の通り、無料ブログサービスでも人気のあるアメブロに大きな動きがありました。簡単に…

  8. なぜトレンドサイトは飛ばされやすいのか? その2

    前回記事ではまとめサイトやキュレーションサイトを例に挙げて、トレンドサイトがなぜグーグルに排除される…

LATEST POSTS

PAGE TOP