menu

低価格商材・無料オファーの危険性

前回、1000円サイトアフィリ塾のレビューをしましたが、この教材について少しですがお問い合わせを頂きました。

巷では低価格商材、無料オファーがかなり流行っていますが、やはり、皆さん少なからず興味があるということかもしれません。今回は低価格商材、無料オファーについて私なりの考え方を述べてみたいと思います。

もし、「低価格商材や無料オファーは安いし無料でお得な商材だ」と思っている方がいらっしゃったら、かなり危険です。

1000円サイトアフィリ塾関連のオファーについて

低価格商材、無料オファーについて書く前に、1000円サイトアフィリ塾関連のオファーについて私なりの意見を述べておきたいと思います。同時発売されている「月刊中松ニュースレターコンプリートパッケージのセット」やワンタイムオファーの「中松式サイトアフィリエイター養成講座」については私は中身を見ていませんので、正確なことは言えません。

ただ、私だったら絶対買いません。多分、これら全てを購入しても、中松祐太さんから今後もまた別のオファーがくると思いますよ。この方の教材自体はそれなりに優れているとは思いますが、セールスのやり方も狡猾でとても上手いです。だから私は嫌いです(笑)

どちらにしろ、今日で「1000円サイトアフィリ塾」の販売期間は終了ですので、もし、購入を迷っている人がいれば焦る必要はありません。買わなくて良いです。

低価格商材、無料オファーの落とし穴

低価格商材、無料オファーについてよく売り文句として使われるのが、「一般書籍よりも安いレベルで買えるので、買わないと損です」というのがありますよね。今買っておかないと、ダウンロードしておかないと損しますよみたいな感じで煽ってきます。

基本的に思うように稼げていない人の根本的な理由というのは、その人の持っている情報量が少ないからではありあません。実際に、情報量が多いはずのノウハウコレクターは稼げていない方が多いですよね?稼げない理由は別の所にあります。

稼げていない人は「消費する時間の概念」が根本的に抜けてしまっています。

消費する時間の概念とは?

無料オファーや、低価格商材に対してあなたが興味を持ったしまった時点で、あなたの時間が消費され始めます。例えば、あなたが無料オファーで商材をタダで仕入れたとします。

セールスレターやアフィリエイターのキャッチコピーで心が躍ってしまい、その時は興奮するわけです。しかもタダで手に入りました!「今度はいいぞ!どんなノウハウなんだ??」とりあえず、また新しいノウハウやテクニックなど書かれている通りにやり始めます。

最初はモチベーションが上がっています。なんとか食らいついてやろうとします。でも、いくらテンションが上がって色々やってもモチベーションが保てません。

これは、当然の事でアフィリエイトというのは、始めの作業が1番大変で、ゼロからイチにするのが1番難しいんです。これに気づかないと、いろいろ言い訳をして放棄することになります。その結果、全然稼げません。

そう思うところにまた次の無料オファーです。「これで稼げないのなら諦めましょう!」心が折れているところに、こういった言葉をささやかれるわけです。そして、知らず知らずのうちに、またスタートラインに逆戻りです(笑)1ヶ月前のスタートラインにです。もしかしたらそのスタートラインより手前に戻っているかもしれません。こうして、あなたの大事な時間が損なわれます。

無料だろうが、低価格だろうが、大切な時間を消費してしまっているのです。時間が無限と思ってる人はいないと思いますが、本当に時間は大事です。タダと低価格の無限地獄からそろそろ抜けましょう。

インプットよりも稼げていない原因に気づくべき

巷に溢れているアフィリエイト教材には有料、無料、低価格、高額塾など様々ですが、結局、稼げていない原因が分かっていないと、どれだけ大量の情報量をインプットしても「時間の無駄」になってしまいます。

私が思う稼げていない方というのは大体以下に該当すると思われます。
「優良教材を持っていない(優良教材だと気づいていない)」
「教材を購入するだけで、実践していない」
「実践しても継続していない」

少し、長くなってしまったので、続きは次回書きます。

1000円サイトアフィリ塾 実は月額制の塾です

iPhoneアプリ収益化プログラム アフィリエイトより難しいです

関連記事

  1. 去年ぶっ飛んだサイトを戻す方法

    2014年は2年前の2012年を思い出させるかのようにGoogleアルゴリズムの大変動で、沢山のサイ…

  2. なぜトレンドサイトは飛ばされやすいのか? その1

    私のコンサル生やオリジナルコンテンツ購入者さんは、私の提供コンテンツ以外にも色々なネットビジネスを過…

  3. Googleにフィットした記事作成のポイント

    去年の9月にペンギンアップデート4.0が発表されて以降、「ユーザーの役に立つ記事コンテンツ」を作成す…

  4. なぜトレンドサイトは飛ばされやすいのか? その2

    前回記事ではまとめサイトやキュレーションサイトを例に挙げて、トレンドサイトがなぜグーグルに排除される…

  5. オーサーランクやらペイデイローンアップデートについて

    最近はSEO関連の話題が何かと騒がれていますね。つい先日は「オーサーランク」とかいう新しいルールが検…

  6. 最近流行りのチーム企画について その2

    前回の記事で、アフィリエイター特典として最近流行っているチーム企画について、「チームが上手く機能する…

  7. パンダアップデートの続報とかなり旬なキーワードのご紹介

    先日、パンダアップデートが日本にも導入された記事を書きましたが、皆さんの手持ちサイトはどうでしょうか…

  8. アフィリエイターにありがちな悪いサイト事例

    サポート生からの依頼で作成サイトのチェックを行うことがたまにあるのですが、毎回同じようなダメ出しやア…

LATEST POSTS

PAGE TOP