menu

最近流行りのチーム企画について その2

前回の記事で、アフィリエイター特典として最近流行っているチーム企画について、「チームが上手く機能するのはアフィリエイターの力量次第」というお話しましたが、今回はその続きです。

今回は人間が本来持つ帰属意識と絡めてお話したいと思います。

あなたは無意識にコミュニティーに属しています

人は基本的に孤独を嫌がりますので、何かしらのコミュ二ティーに属していないと不安になる傾向があります。よって、ほどんどの方が日常生活を送る上で無意識に何かしらのコミュニティーに属しています。

例えば、あなたがサラリーマンであればあなたは会社というコミュニティーに属していますし、家族をお持ちであれば、家族というコミュニティーにも属しています。

サラリーマンの多くは自分の会社、上司の文句を口にしていますが、心の中では会社に属している事で安心感も得ています。結婚している私の友人たちは、独身の私を羨ましがり、奥さんの愚痴をよくしてきますが(笑)何だかんだ言って、奥さんを大事にしています。(残念ながら、離婚した友人もいますが…)

もっとマクロ的に見れば私たちは日本に住んでいる以上、日本というコミュニティーに嫌でも属している事になります。こうした帰属意識は人に安心感を与えてくれますし、人間の本能的なモノですので、決して悪い事ではありません。

しかし、ネットビジネスにおいては、帰属意識が良いとは必ずしも言えない場合があります。

アフィリエイトは孤独との戦い

チーム企画というのは上記で説明したような人間が本来持つ帰属意識を利用している側面があります。特に既にアフィリエイトを長く実践している方なら分かると思いますが、アフィリエイターは基本的に孤独との戦いです。全て自分で考えて、自分だけで作業が完結しまう事が多いので他の人と接点を持つ必要がほとんどありません。記事外注を雇っている場合でも、オンラインの関係だけなので、そこまで繋がりは強くありません。

面倒臭い人間関係を気にする必要がありませので、自立心が強い人にとってはメリットでもありますが、多くの方がアフィリエイト特有の孤独感をデメリットに感じてしまうようです。そして、こうした孤独感や不安を解消するために、多くの人がアフィリエイターのチーム企画に参加する傾向があるようです。高額塾に入る人にもこういった方は多いです。

「塾やチームに参加するだけで稼がせてくれる」という幻想を抱いて参加してしまう、超他力本願的な人もいますが、こういった方は論外です(笑)

多くの人が無意識のうちに「参加する事で安心感が得られる」という帰属意識から、安易に塾やチームに参加してしまっているように私は思っています。

確かにチームに参加する事でお互いの悩みを共有する事ができますし、情報交換もできますので、モチベーションは上がるでしょう。しかし、自分にとって居心地が良いという理由だけで、チームに参加していても稼ぎに繋がる事はまずありません。なぜなら、ただの傷の舐め合いになってしまうからです。

手段としてのチーム参加が目的になってませんか?

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、大体のチームは同じ稼ぎの参加者が集まったコミニティーになります。同じレベルの人たちが集まると共通の悩みが多いため、大抵、愚痴の言い合いになってお互い共感し合えますが、それ以上の向上は望めない場合があります。

傍から見ていると、非常に盛り上がって活気があるようにみえますが、本来の目的を失っている人も少なからずいらっしゃいます。つまり、「稼ぐ」という目的で「チーム参加」という手段を選んだのに、気がついたら「チーム参加」が目的になってしまうのです。

それで満足なら構わないですが、本来の目的は「アフィリエイトで稼ぐ」ことですよね?

同じレベル同士で群れても稼げません

私の経験上、アフィリエイトで稼ぎたいのであれば、自分とは違ったレベルの人と交流を持つのが良いです。

例えばあなたが現在、アフィリエイトで月20万円稼いでいるのであれば、月50万円以上稼いでいる人と交流を持つか、月5万円以下の人と交流を持つ必要があります。

自分よりも稼いでいる人と話をする事が自分自身のレベルを向上させるというのは説明しないでも分かると思いますが、自分より稼いでいない人と交流を持つ事が自分のレベルアップに繋がると考えている人は結構少ないと思います。

実は自分より稼いでいない人、アフィリエイト初心者と話をしたり、自分が教えたりする事で、新たな発見や再確認できる事も多くあるのです。

私は現在、多くの人をサポートしていますが、当サイト購入者さんを稼がせたいという目的の他に、自分自身のレベルを上げるという目的もあります。他人を稼がせる事は自分自身が稼ぐ事と同じぐらい、自分自身のレベルアップに繋がります。

チームに参加して励ましあいながら頑張る事は決して悪い事ではありませんが、手段が目的にならないようにして下さい。

最近流行りのチーム企画について その1

情報教材を買ってありがたがるな!

関連記事

  1. 独自ASPの優良案件を見極める方法 その1

    先日、メルマガ登録ページを少し修正したのですが、その中で久しぶりにアフィリエイトの報酬結果を掲載しま…

  2. 情報商材業界に奴らが帰ってきた その2

    前回記事では健全化されつつあった情報商材業界が再び詐欺商材が横行した過去に戻りつつある原因を2つご紹…

  3. ASP案件選びをスムーズに行うコツ

    サイトアフィリエイト(物販アフィリエイト)を実践する際に人それぞれ手順があると思いますが、私がまず初…

  4. SEO至上主義からの卒業

    久しぶりに修正したメルマガ登録ページでもお話していますが、私はある時期から「自サイトが上位表示されな…

  5. 最近流行りのチーム企画について その1

    先日、ある方と当ブログの今後の展開についてお話していた所「ジーフさんもアフィリエイトチームみたいなの…

  6. 去年ぶっ飛んだサイトを戻す方法

    2014年は2年前の2012年を思い出させるかのようにGoogleアルゴリズムの大変動で、沢山のサイ…

  7. アフィリエイターのお金の使い方

    オンラインでは様々なネットビジネスがありますが、その中でアフィリエイトを実践する方の多くは「初期費用…

  8. アフィリエイターにありがちな悪いサイト事例

    サポート生からの依頼で作成サイトのチェックを行うことがたまにあるのですが、毎回同じようなダメ出しやア…

LATEST POSTS

PAGE TOP