menu

販売力のあるサイト作っていますか?

アフィリエイトで稼ぐために大事なのは「集客」「成約率」です。「集客」で属性の濃い訪問者を集めれば自然と「成約率」は上がります。

そして、さらに「成約率」を上げるには、販売力のあるサイトを作成する事が大事になってきます。

サイト作成を疎かにしていませんか?

私のコンサル生のサイトを見ていると、キーワードばかりに力を入れてサイトは適当って人が結構多いです。例え上手くキーワード選定を行って濃い属性を集客したとしても、サイトが疎かになっていては「成約率」が伸びません。非常に勿体ないです。

私も少し前まではキーワード重視で濃い属性さえ集客できれば、あとは記事更新だけで大丈夫だと私も思っていました。実際、穴場キーワードや穴場ジャンルが見つかれば、記事更新だけでも稼げる事は多々あります。しかし、ある事がきっかけで考え方が変わりました。

1つ断っておきますが、「キーワード選定」を否定している訳ではありません。特にまだ思うように稼げていない方は、まずは「キーワード選定」をできるようにするべきです。「販売力のあるサイト」というのは、キーワード選定ができた上での話です。

トップアフィリエイターのサイトを探していたら…

当サイトで販売していた「ワンコインアフィリエイト」の特典に「月1,000万円アフィリエイターの物販サイト70個を紹介」という特典がありました。

これはトップアフィリエイターさんのサイトの紹介を特典として付けたら面白いと思って、軽い気持ちで作成したのですが、彼らのサイトを沢山見ることで、サイト作成に対する考え方が変わりました。百聞は一見にしかずと言いますが、成約率を上げるための「販売力のあるサイト」というのをなんとなくイメージしてサイト作成するようになったのです。

伝えたいのは、稼ぐサイトがどんなものかイメージ出来ない人は検索エンジンをもっと活用するべきだという事です。

稼いでいる人というのは、当然集客が上手く出来ているので、検索したら彼らのサイトがガンガン出てきます。稼いでいる人のサイトから良いエッセンスを盗むことが出来れば、かなりレベルアップする事が可能です。

よく高額塾で「ビッグキーワード第〇位のサイトを公開します!」みたいな宣伝文句がありますが、自分で検索すれば良いだけの話です。サイトを教えてもらうために数十万も払うのであれば、外注費に回した方がよっぽど効率が良いです。

販売力のあるサイトとは?

キーワード選定を行って集客した時に大事なのは、訪問者の多くが求めている「情報」とは何か?という点です。

具体的には、「実際に体験した人じゃないと分からない情報」「そのジャンルに精通した詳しい人の情報」この2つを多くの人は求めているはずだと考えられます。

例えば脱毛エステを検討している人は
「このサロンって勧誘とかひつこくないかな?」
「試しに行っただけなのに、本コースを薦められないだろうか?」
「男でも行って変に思われないだろうか?」
「本当にキレイになるのかな?」

このような「体験者の生の声」が聞きたい訳です。

ですので、求められている情報を提供しようと思ったら、自分で実際にサロンで脱毛してくるかモニターを募るのが1番良いという事になります。

モニター募集を行うのは敷居が高そうに聞こえますが、脱毛したい人は日本全国沢山いますから、費用は全てこちらが負担するという条件であれば結構集まります。脱毛ではありませんが、モニター募集は私も行った事がありますし、アフィリエイターで行っている方は結構多いです。

そして、サロンの写真を撮ってもらったり、勧誘のされ方や痛みはどれぐらいだったか?などをテキストにまとめてもらえば、かなり質の良いコンテンツが出来上がります。潜入レポートと銘打って募集すると結構楽しんでレポートしてくれます。

これをTBC、ミュゼ、銀座カラー、レイビス、脱毛ラボといった現在人気のあるサロンを片っ端から潜入レポートしてもらえば、エステで脱毛したい人にとって本当に参考になるようなサイトが作成できます。

高額商品・心理的障壁の高い商品がオススメ

潜入レポートを行ってもらうには当然資金はかかりますが、それ以上に稼げるサイトが作成できる可能性は十分あります。似たようなやり方でちょっと流行は過ぎましたが、レーシックなんかもできそうですね。

さらに重要なのは、脱毛エステは結構値段が高く心理的障壁も高いので、試しにいろんなサロンに行くのは現実的に難しいという点です。レーシックも料金は高いですが、違う意味で何度も試す事はできませんね(笑)

だからこそ、高額商品・心理的障壁の高い商品ほど生きた体験談などの情報に価値があるわけで、そこを満たせるサイトができれば成約率が高まり儲かるという事です。

体験談サイトというのは以前から結構ありますが、化粧品のトライアルセットなど安い案件で実践する人が多く、ライバルも沢山いますのであんまり旨みがありません。体験談を使ったコンテンツで稼ごうと思ったら、普通の人はなかなか挑戦しないジャンルでやるべきです。

どうやってモニター募集するのか?

もちろん自分で体験できるジャンルなら、自ら行ってコンテンツ化することで販売力のあるサイトが作れます。但し、体験しやすいからといって化粧品トライアルセットみたいなものではライバルが多いので、前述したように、自分で体験するにしても高額商品・心理的障壁の高い商品を扱う方が大きくライバルに差をつける事が出来ます。

逆に自分ではできない分野、例えば私みたいに男で美容に興味も知識もない方は、女性向けの脱毛エステサイトの体験談記事を自力で書くのは不可能ですから、そういう場合には無理しないでレポートしてもらう女性を探した方が良いです。

では、どこでモニター募集を行えば良いのか?と思うかも知れませんが、@SOHOなんかでもモニター募集をやっている個人・法人はいますし、アフィリエイトをしていない属性の合った個人ブログやメルマガを見つけて直接コンタクトを取るのも良いと思います。

 

自分には出来ないと思う所に稼ぎの旨みがあります

体験談以外でも、そのジャンルに精通した人の詳しい情報というのもかなりニーズがあります。

こういう情報は適当にリライトされたアドセンスサイトでは信頼性が無いので、そのジャンルのプロと呼ばれるような人に、普通の記事外注費よりも多くお金を払ってコンテンツを書いてもらうのが1番ですし、これ以外方法は無いと思います。

そして、一番重要なことは上記のことを知った上で、あなたが行動に移せるかどうか?という点です。

私の話を聞いて「なるほど~」と納得するだけだったら、今回の話を聞いていない人と同じです。資金がどうしても必要になってくるので、全ての人が実践出来る訳ではありませんが、「自分には出来ない」と思う割合いの多い事ほど稼げる可能性は高いと思って下さい。

「誰がやっても簡単に稼げるノウハウ」みたいなのが世間では食いつきが良いですが、裏を返せば、ほとんどの人がライバルになってしまうので、稼げるわけが無いって事です。

記事代行業者の活用方法

「知恵がなければ金を出せ」という視点

関連記事

  1. 「最低1記事2,000文字以上」という勘違い

    前回の記事でも話しましたが、今のアフィリエイトでは自サイトの記事の質と量でGoogleからの評価を得…

  2. 被リンクの自作自演で有効な4つのポイント

    去年のGoogleアルゴリズムの大変動以降、アフィリエイト業界では「自作自演の被リンクは悪い事」みた…

  3. 当サイト購入者さんがレビューブログを始めました

    今回は当サイトのNEOノンバト購入者さんでもあるタカクロさんがブログアフィリエイトを始めましたのでご…

  4. 最近流行りのチーム企画について その2

    前回の記事で、アフィリエイター特典として最近流行っているチーム企画について、「チームが上手く機能する…

  5. スマートフォンの普及でPCサイトアフィリが稼げなくなる?!

    最近、やたらと目に付く「スマートフォンアフィリエイト」ですが気になっている方も多いかと思います。以前…

  6. 言いたい事が言えない腐った情報業界

    正直にレビューすると稼げない既にあなたもお気付きだとは思いますが、ほとんどのアフィリエイターが教…

  7. 最近流行りのチーム企画について その1

    先日、ある方と当ブログの今後の展開についてお話していた所「ジーフさんもアフィリエイトチームみたいなの…

  8. なぜトレンドサイトは飛ばされやすいのか? その2

    前回記事ではまとめサイトやキュレーションサイトを例に挙げて、トレンドサイトがなぜグーグルに排除される…

LATEST POSTS

PAGE TOP