menu

バレンタインとかどーでもいいし

もうすぐバレンタインデーですが、昔からバレンタインとかクリスマスとかってあまり興味がありません。「きっとジーフはモテなかったから卑屈になってるんだ」と思われても否定はしませんが(笑)

ただ、バレンタインにチョコが貰えないから、クリスマス一緒に過ごす恋人がいないから自信をなくすのもおかしいですし、逆に自慢するのもおかしいと私は思っています。もちろん、これらイベントを楽しんでいる人たちを否定するわけでもありません。

「どっちでもいいし、どーでもいい」というのが私の考えです。

大事なのは世間がどう思うか周りにどう思われるかではなくて、自分自身はどう思うかなのではなのではないでしょうか?

こういったイベントだけではなく、日本では世間で当たり前だと思われている事が実は無理矢理、押し付けられた価値観だったりする場合が多々あります。

これに気づかないと本当にやりたい事やるべき事が分からなくなり、ただ流されるだけの人生になってしまう可能性があります。

世間の価値観があなたに合っているとは限らない

私のプロフィールを読んで頂いたら分かりますが、私はネットビジネスに出会う前は普通のサラリーマンをしていました。しかし、入社して5年目に「パニック障害」という心の病気になってしまい退職しました。

病気になった原因は今でも正確には分かりませんが、当時私は仕事に対してとくに不満はなく、かと言ってとくに楽しいという訳でもありませんでした。

このままやりがいのない仕事を続けならがら、それなりの給料を貰って、自分の親と同じように適齢期になったら結婚して、子供がうまれて、ローンを組んで家を買って…こうしたステレオタイプ的な人生を自分も歩んでいくだろうと何となく思っていました。

しかし、普通の人生が嫌だとは思わなかったのですが、「世間で言う普通の人生が果たして自分に合った人生なのだろうか?」このような小さな疑問や葛藤が心の中に常にありました。

だからと言って、起業とかは考えもしませんでしたし、転職する勇気すらありませんでした。当時、ネットビジネスの存在すら知りませんでしたからアフィリエイトで稼ぐみたいな選択肢もありませんでした。

大きな不満は無いけれど
違った人生を選択したい気持ちはどこかであって
だけど、普通じゃない事を実行する勇気が無い

このような悶々とした不安定な心理状態を長く続けていたのが、私が「パニック障害」という心の病気になった原因なのかもしれません。「パニック障害」の原因は様々なので一概には言えませんが、当時の私は心の調和がとれてなかったのは確かです。

多分、全く同じではないにしろ、あなたも当時の私と同じように世の中や会社に対して何らかの不満、疑問が有るからこそ、ネットビジネスの世界に飛び込んだのだと思います。

極論ですが、人類史上ここまで理想的な社会は無いと言っても過言でないぐらい現在の日本は豊かです。餓死する事はほとんどありませんし、今のところ戦争も考えづらいです。

しかし、自分の思うように人生を楽しんで幸せを感じながら生きている人は少ないです。

現実と折り合いを付けて「仕方ない」「しょーがない」と半ば諦めた気持ちで毎日を過ごしている人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

私たちは洗脳されている

・幸せな環境にいるはずなのに実感できない
・不満を抱えながらも行動できない

豊かで平和な国に住んでいるのにこうした不満や疑問を抱えてしまうのは、私たちは生まれた時から洗脳されているからだと私は考えています。

「洗脳」と言えばネットビジネスのお家芸ですが(笑)オフラインでも私たちは「洗脳」されているのです。

以前「答え探しの旅から帰ってこれない人へ」という記事でも話しましたが、私たちは学校教育で答え探しの習慣を植え付けらます。

そして、答え探しが得意な人がいい大学に入って、いい会社に入る事が出来るといったエリートコースが存在します。昔に比べたら学歴は重視されなくなりましたが、それでも、大手企業に就職したかったら最低限大学は出ていないと不可能な場合が多いです。

しかし、世の中に出ても学校の勉強はほとんど役立ちません。

仕事、ビジネスに答えは存在しないからです。前例のない物事を解決する能力こそがビジネスで必要だからです。

「自分探し」「天職探し」なども答え探しの習慣から生まれる発想です。社会に出て答えなどないのです。

サラリーマンをしていた頃の私も「いい大学に入って、いい企業に入る事が人生の答えだ」と思い込んでいました。

私の場合、決して有名大学に入って優良企業に勤めていた訳ではありませんでしたが(笑)それに近い答え通りの人生を送っていたので、この人生が1番幸せなはずだと思っていました。

しかし、答えだと思っていた人生が実際には自分には合っていない気がして、自分が間違っているのか、今まで答えだと思っていた考え方自体、実は間違っているのか分からなくなり、心のバランスが崩れてしまいました。

答え探しという間違った習慣

決して学校の勉強が出来る事が悪いと言っている訳ではありません。勉強は出来てもできなくても、どっちでもいいという事です。

大事なのは「答え探しの習慣」を断ち切る事です。

大人になって社会に出たら答えがある事の方が少ないです。特にビジネスにおいては答えは存在しません。

「○○万円稼げるようになるには、どれぐらいの実践期間が必要でしょうか?」
「プラモデルの組立設計図のような アフィリエイトノウハウはありませんか?」

たまにこういった質問をいただく事がありますが、この質問は答えがある事前提で考えてしまっています。アフィリエイトにも答えはありません。

稼ぐための近道になるであろうノウハウテクニック、考え方は存在しますが、最終的にどうなるかは実践してみないと誰にも分かりません。

全部どっちでもいいし、どーでもいい

「クリスマスは恋人と過ごす」「適齢期になったら結婚する」「家族を持ったらマイホームを買う」「老後のたまに貯金はするべき」「アルバイトより正社員が偉い」「大企業は安定している」

これらが当たり前だと思うのは私は間違っていると考えています。例えば最近だと「ハロウィン」とかいう行事が世間では浸透してきていますが、どうでもいいですよね(笑)これはビジネス的に仕掛ける側の視点で考えたら、お金儲けがしたいための洗脳に過ぎません。

繰り返しになりますが、これらが良い悪いとかの話ではありません。仮装したり、クリスマスツリーの飾り付けが楽しいのであれば、それはそれで良いと思います。ただ、無理して合わせる必要はありません。

これらをやっていないから自信をなくす必要は無いし、逆に自慢するはおかしいという事です。

世間的にはどうとか、親が言っていたとか関係なしに全て自分で決めるべきなのです。

価値観の再構築

Crystal Castles

日本を国という1つの集団で考えた場合、価値観を統一させた方が国民を扱いやすくなります。

だから、国は国民を洗脳するのです。

そして、日本は統一された価値観のもと社会が仕組み化されているので、何も考えなくても勝手に人生は動くようになっています。

一見すると楽に思えますが、本来同じ日本人同士でも価値観は違いますので、必ず心の中で葛藤が生まれる人はいます。その時に昔の私のように心を病まないためにも、世間では当たり前だと思われている事や社会に対して真逆の考え方を持つ事は決しておかしい事ではなく、自分の思うように行動して良いと覚えておいて下さい。

そして、アフィリエイトというビジネスを実践するのであれば、少なくとも「答え探しの習慣」からは脱却して、世の中をビジネス視点で見てみると良いと思います。

被リンクの自作自演で有効な4つのポイント

ASP案件選びをスムーズに行うコツ

関連記事

  1. 人の不幸は蜜の味

    昨日ぐらいから、いろんな人のメルマガで与沢翼さんが資金繰りに失敗したという話で盛り上がっていますが、…

  2. 損か得かではなく損か成長かで選択する

    現在、あなたがアフィリエイトに興味があったり、アフィリエイト実践中であれば、一度は情報商材を購入した…

  3. 本格的にビジネス化したアフィリエイトで稼ぐには?

    2015年も半年が過ぎて、もうすぐ7月も終わりますが「今年販売されたアフィリエイト教材は?」と聞かれ…

  4. 稼ぐために知っておいてほしい事

    ご無沙汰しています。久しぶりの記事更新です。先月はコンサル業務と体調不良が重なって自分のアフィリ活動…

  5. 高額塾のターゲットは「意識レベルの低い人」

    昨年もですが、毎年9月なるとやたらと増えてくるのが「高額塾」です。直接募集をかけてくる案件もあれば、…

  6. スピリチュアルとネットビジネスの類似点

    最近、よくテレビやネットで「パワースポット」という言葉を目にします。その場所に行くと目に見え…

  7. 冬季オリンピックはなぜ盛り上りあがっていないのか?

    現在、ソチで冬季オリンピックが開催されていますが思いのほか盛り上がっていません。私もほとんど興味があ…

  8. 他人が笑ってしまうような目標を設定しよう

    前回、「現状維持バイアス」についてお話しましたが、これを克服するには目標設定が重要になってきます。…

LATEST POSTS

PAGE TOP