menu

SEO至上主義からの卒業

久しぶりに修正したメルマガ登録ページでもお話していますが、私はある時期から「自サイトが上位表示されないくても良い」と思うようになりました。もちろん、自サイトが上位表示されたら嬉しい限りですが、そこに注力するのは止めたという事です。

「SEOテクニック」というのは労力や資金が伴いますが、基本的に思考力は必要ないですし即結果に繋がる場合が多いので、これだけGoogleアルゴリズムが変動を繰り返す今でも、こだわるアフィリエイターが多いのだと思います。

しかし、長期的に見たら「SEO至上主義」という考え方にやはり私は賛同出来ません。

SEOはお金で買える

当ブログでは何度も言っていますが、アフィリエイトサイトの売上は「売上=販売力×集客数」です。

販売力は成約率、集客数とはSEOやアクセスです。サイトアフィリではどちらも大事ですが、集客数に関しては外注を雇ってサテライトサイトを量産し被リンクを増やしてSEOを強くする事も出来ますし、PPCを利用する事もできます。

「数打ちゃ当たる」方式で質の良い中古ドメインを取りまくれば、大したサイトを作成しなくても、運良く上位表示させる事もできます。

集客数はお金で何とかなる場合が多いので資金力があるアフィリエイターが有利という事です。

稼げていないアフィリエイターの大半は資金に余裕がありませんので、たいしたSEO対策が出来ないという事になりますが、悲観する必要は全くありません。

SEOはグーグルのアルゴリズムに左右されますので、あまりグーグルを欺くような裏ワザ的テクニックに頼り過ぎると、しっぺ返しを喰らう可能性があります。

ですので、例えあなたが資金力が豊富だったとしても、私はSEO至上主義、アクセス至上主義をオススメしません。

これからは販売力至上主義

私のアフィリエイト戦略では販売力・成約率の方を重視します。SEO対策は最低限しか行いません。実験的に中古ドメインを使ったりする事もありますが、これは「遊び」程度で二の次に考えています。

あなたがこれからアフィリエイトで長く稼ぎたいのであれば、「販売力」を意識したサイトを作成するべきです。

販売力のあるサイトとは訪問者の欲する情報を提供したサイトです。つまり、アクセス属性とコンテンツがマッチングしたサイトになります。

どのアクセス属性に売りたいのか?ウリはなんなのか?他のモノとどう違うのか?どんな悩みの人にどんなキーワードでつなげてあげればいいのか?これを突き詰めれば成約率の高いサイトは作成できます。

ここ数年、グーグルのアルゴリズムは劇的に変化して以前よりもサイトのコンテンツが評価されるようになったので、販売力のあるサイトを作成する事で自然とグーグルに好かれるサイトが出来上がります。

つまり、コンテンツが充実した販売力のあるサイト作りをする事でSEO対策も同時にできるようになったという事です。

また、ズレないサイトを作る意識、つまり属性の高いキーワードで集客して成約率の高いサイトが作れるようになれば、1日数アクセスのサイトでも十分稼げます。

今でも流行っているトレンドアフィリエイトではアクセスの質よりも量を最優先しますので、「1日数アクセスで稼げるわけがない!」と考えてしまうアフィリエイターもいるかもしれませんが、1日に数千のアクセスを集めるために時間と労力を費やすよりも、思考力を鍛えて販売力のあるサイトを作成して、1日数アクセスでも稼げる力を身につけたほうがアフィリエイトで稼ぐには遥かに効率が良いです。

前述した通り、集客(SEO)に関しては稼いだ後に利益の一部を投下すれば何とでもなります。

「自由」という言葉に惑わされていませんか?

もう金輪際「やる気」には頼らないで下さい

関連記事

  1. オーサーランクやらペイデイローンアップデートについて

    最近はSEO関連の話題が何かと騒がれていますね。つい先日は「オーサーランク」とかいう新しいルールが検…

  2. 独自ASPの優良案件を見極める方法 その1

    先日、メルマガ登録ページを少し修正したのですが、その中で久しぶりにアフィリエイトの報酬結果を掲載しま…

  3. アフィリエイトはライバルが少ないという根拠

    私の現在の収入源はFX投資、情報販売そして、アフィリエイトです。この中でもアフィリエイトは約3年半の…

  4. アフィリエイターに最も必要な武器とは?

    突然ですが、「アフィリエイターに最も必要な武器とは?」と聞かれたら皆さん何と答えますか?キーワード選…

  5. ペンギンアップデートで報酬激減!?

    先月の終わりごろに Googleによる「ペンギンアップデート」と言われる検索エンジンのアルゴリズムの…

  6. アフィリエイターのお金の使い方

    オンラインでは様々なネットビジネスがありますが、その中でアフィリエイトを実践する方の多くは「初期費用…

  7. 低価格商材・無料オファーの危険性

    前回、1000円サイトアフィリ塾のレビューをしましたが、この教材について少しですがお問い合わせを頂き…

  8. 情報商材業界に奴らが帰ってきた その1

    私がインターネットビジネスという存在を知ったのは約6年ぐらい前になります。きっかけはFXだったのです…

LATEST POSTS

PAGE TOP